田町にある信頼と実績のほぐし家整体院でございます。
 
 

適応症

保険適応症・・・関節の捻挫、打撲、挫傷、脱臼、骨折、スポーツ障害(肉離れ・突き指など)交通事故傷害

保険外適応症・・・頭痛、首痛、頸椎ヘルニア、肩こり、背部痛、眼精疲労、耳鳴り、難聴、五十肩、手のシビレ、肋間神経痛、腰痛、ぎっくり腰、腰椎ヘルニア、股関節痛、坐骨神経痛、膝痛、変形性膝関節症、足のシビレ、足のむくみ、O脚、猫背、胃腸障害、更年期障害、生理不順、自律神経失調症、うつ傾向、心身症、不眠、パニック障害、疲れやすい、情緒不安定、ストレス疾患など

 

 


■よくある質問事項 Q&A



Q.整体どのような場合に効きますか?

A.整体は全身のバランスを取り身体と心をリラックスさせ、自分自身の身体に備わっている自然治癒力を正常にすることを目的としています。
これにより、慢性的な疲労や不調?冷え?便秘症をはじめ、こりや痛みなど、美容と健康に関する色々な症状が、施術を受けることによって緩和が期待出来ます。
しかし外傷性のものや感染性のものは施術出来ません。

時々施術を受けることで、身体のバランスを取り常に健康的で活動的な生活を行なえるようにすること。

リラックスするためにも、気軽に施術を受けて下さい。耐え難いこりや痛みが出てから施術を受けるよりも、
特に仕事などで常にストレスを感じている方やオーバーワークで疲れてきたら、早めにボディメンテナンスとして身体を整えるようしたら良いでしょうね。


Q.どの位で効果が出ますか?

A.その方の、症状の強さや経過している年月、あるいは身体の状態などによっても異なりますので、一概に言うことは出来ません。
普通1〜5回程度の施術により症状の緩和がみられますが、実際に拝見してみないと分からない部分が多いので、あくまで目安としてください。


Q.通う間隔はどのくらいが適当でしょうか?

A.複数回施術が必要な方の来院される間隔は、その方の仕事や生活に出来るだけ無理が来ないように考えますが、
症状が強い場合は身体の状態によってお打ち合わせします。
慢性化した症状の場合は、初期段階では1週間に1回程度、その後施術効果が出て症状の緩和が見られると、来院周期を徐々に伸ばしていきます。
症状が消えて全身のバランスが良い状態になると油断しがちですが、日々の生活でバランスは崩れがちになることも多いものです。
出来るだけ良い状態を維持する為にも、1ヶ月に1回程度リラグゼーションを兼ねて施術を受けることはお勧めですね。
月に1度、ご自身の身体を全身ケアすることで、より良い状態を保てるでしょう。

Q.施術は痛くないですか?

A.よく整体と言うと、背骨をボキボキ鳴らしてとても痛そうに見えますよね。
しかし決して骨を鳴らすことが目的ではありませんし、来院されていきなり捻るというようなことも致しません。
きちんと全身を調べさせて頂いた後に、最小の力と最小の動きで効果的に調整していきますので、
音が鳴らなくても調整は出来ていますし、調整時に痛みはありません。
全身を経絡にそってきちんと調整し、むしろたいへん気持ちの良いものですから、整体の施術中に眠ってしまう方が多いですよ。


Q.肘、膝、腰などの痛みは整体で必ず治るのですか?

A.整体の施術は、痛みやこりに対してかなり有効ですが、当然万能ではありません。
関節部分の痛みやこりは色々な原因で起こります。内臓疾患や悪性腫瘍など、
整体の施術ではどうすることも出来ない場合も考えられるため、初期段階で専門の病院での検査は必要です。
整体にしても、カイロプラクティックにしても、日本ではレントゲンやMRIのような検査機器を使用しての検査は出来ません
。また、痛みの病名の診断は出来ません。
来院された方を拝見して、直ぐに病院に行くことを勧め、その後入院治療が必要なことが分かったケースもあります。
まずは病院の医師による診察を心がけるべきです。


Q.健康保険は使えますか?

A.現在のところ保険治療の適用は受けることが出来ません。

Q.施術を受ける方は男性?女性どちらが多いの?

A.ご来院頂く方の男性:女性比率は3:7くらいで女性の方が多いようです。
肩こり?腰痛?冷え性?骨盤調整と言った症状での来院者が多いので、比較的女性に多い傾向があるようですね。
やはり出産などにより腰に負担が掛かっている方が多いと言えます。
ご来店の方の他のデータはこちらからご覧ください。


Q.整体を受けるにあたっての注意はありますか?

A.基本的には整体は安全で有効な施術法です。
しかし施術を受ける方に守って頂きたいのは、骨折?脱臼?打撲?捻挫などの外傷性の施術は避けて頂きたい事です。

Q. 駐車場はありますか?


A.お店の隣に、有料のコインパーキングがございます。


Q. クレジットカードは使えますか?


A.クレジットガードは使えませんので宜しくお願いします。



Q. お着替えは必要ですか?


A.お店の方でご用意いたしております。施術の内容にストレッチなどがあります
ので、動きやすいお洋服に着替えていただいております。ちなみにハーブ&ストーンも含め、
すべての施術はお洋服を着たままで受けていただける内容です。



Q. マッサージの時にお化粧を落す必要はありますか?


A.うつぶせになる事がありますので枕などにお顔が触れることはあります。
しかし、オイルなどをつけたりするわけではありませんので、それほどご心配をいただかなくてもよろしいかと思います。
また、お着替えの時にお使いいただけるようにフェイスカバーのご用意もございます



Q. 足裏マッサージのオイルはどのような物を使っているのですか?


A .オリジナルブレンドのものを使っています。デトックス(解毒)効果があります。



Q. 精油は使用していますか?


A.足浴の際に、お湯の中にユーカリを少量加えてあります。
アレルギーがある場合は事前にお申し出ください。また、ご自身の好みの香りなどがございましたらご持参いただいたり、
ご予約時にお申し付けいただければご用意できる場合もございます。
自分流の楽しみ方をご提案ください。
出来る限りご希望に添えるようにいたします。



Q. 強さの好みはどのように伝えるのがいいのでしょうか?



A.マッサージをはじめてすぐに、私たちよりお伺い致しまが、セッションの途中でも遠慮なくおっしゃって下さい。
お客様のお好みをデータとして積重ねる事で、 ご来店の回を重ねるごとに「自分好み」のマッサージを創り上げてまいります。
少しでも早く自分好みの内容をお創りいただくためにも、ご来店いただいた時にはご要望はその都度おっしゃってください。
その後は、もちろんどのスタッフでも対応できるように共有致しております。
「スタッフ紹介」をご覧いただき、その日の気分や状態によってスタッフの個性を楽しんでいただくのも楽しみのひとつかと思います。



Q. マッサージ中に話をしていても良いのですか?


A.もちろん問題ありません。



Q. お食事の前と後ではどちらがよいのですか?


A.お食事前の方がお勧めです。
マッサージは「疑似運動」ですので、一般的にはマッサージ後はお腹がすいて、お食事がおいしく食べられます。
ちなみに食後の場合は、30分程のお時間が経っていれば施術は可能です。



Q. マッサージ中に鼻をかみたい時があります。マッサージを中断しても良いのですか?


A.もちろん中断していただいて結構です。マッサージは、代謝を促す作用があるものです。お部屋でも結構ですし、お化粧室を使っていただいても結構です。
遠慮なくおっしゃって下さい。



Q. マッサージ中に喉が渇く事がありますが、途中で飲み物を飲む事はできますか?


A.お茶をご用意致しております。マッサージ中でもお声掛け下さい。



■足ツボ



Q. 何式ですか?


A.基本は中国や台湾で行われている「中国式」です。



Q. 痛いですか?


A.足裏は「痛くないのにしっかりと入ってくる」というのが特徴です。
もちろん強さはお好みに合わせて調整が可能です。その日の体調などに合わせて施術者にご相談ください。



Q. 棒は使いますか?


A.棒は使いません。人の手を通して伝わる物があると考えている私たちの施術は、すべて手で行います。



Q. オイルですか、パウダーですか?



A.オリジナルブレンドのオイルを使用しています。

 
Copyright(C)2011 ほぐし家 All rights reserved.